花粉症

年々患者様が増加しています

花粉症はアレルギー性鼻炎です

日本国民の約25%がスギやヒノキ花粉症と言われています。 なんと日本人の4人に1人はスギやヒノキ花粉症であり、もはや国民病とも言われています。

ここ10年間で約10%も増えており、今後も増加する可能性があると考えられています。 

自然治癒(何も治療しなくて、自然にスギやヒノキに対するアレルギー体質が体からなくなってしまうこと)は少なく、数%と言われています。 

一度発症すると95%程度の方は毎年のようにスギやヒノキ花粉症に悩まされることとなります。

症 状

初めて花粉症を発症するとき、そのほとんどの方は突然発症します。

去年まで全く問題なかった方が今年3月くらいに突然、くしゃみ、鼻水に襲われます。

患者様がどれくらい花粉症の症状に悩まされているかを把握し、患者様それぞれのライフスタイルに合わせて治療方針を考えています。

初期療法

初期療法の効果・利点

症状が出る時期を遅らせることができます
症状を軽くさせることができます
症状が終わる時期を早めることができます


花粉が飛散する前から治療を開始する方法です。

花粉を繰り返し浴びて鼻の粘膜が過敏になると、ごく少量の花粉でも強い症状が現われるようになり、薬を適切に使っても改善させるのは徐々に困難になってきます。

そこで、症状が出現する前から薬を服用して、鼻の粘膜が過敏になるのを抑え、症状をコントロールしやすくする初期療法が行われます。


初期治療の開始時期

初期療法の開始時期は、飛散開始予測日の1~2週間前頃が望まれます。

東京都の飛散開始予測日が毎年おおよそ2月10日ですので、基本的には1月末から2月初旬の間に初期療法を開始するとよいでしょう。

当院では減感作療法(舌下免疫療法など)も行っております。

手術療法

くしゃみ・鼻水・鼻詰まり等、過敏な状態を緩和する治療法にレーザーを用いた手術があります

鼻腔粘膜の細胞を焼いて、外側の粘膜を削除することによって症状をやわらげます。

当院ではCO2レーザーを使い、外来で行い保険適応です。

両鼻に麻酔のガーゼを入れ麻酔しますので、痛みや出血はほぼ無く、両鼻で、麻酔の時間も入れて30分程度で終了します。

手術後、一時的に鼻づまりが強くなったり、かさぶたができる場合がありますが、10日程で改善します。

花粉症の症状が出ると出来ませんので、花粉が飛び始める1月頃に受けるのをお勧めします。

効果は1シーズンですので、毎年同じ時期に来院する患者さんが多いです。

アレルゲン免疫療法

体質を変えていく治療法です。

当院では、以前よりアレルギー発生の原因物質を少しづつ体内に注射し、時間をかけて体を慣らさせる減感作療法を行っております。

現在は、この注射の治療法から、舌の下に治療薬を保持する舌下免疫療法のお薬が登場し、自宅で服用できるようになりました。

詳しくは、当ホームページの舌下免疫療法をご覧ください。

初診受付サービス

稲葉耳鼻咽喉科医院のご案内

相鉄本線 天王町駅 徒歩1分
JR 保土ヶ谷駅より徒歩10分

医院名 稲葉耳鼻咽喉科医院
院長 稲葉 真
住所 〒240-0004
神奈川県横浜市保土ケ谷区岩間町1-6-1
稲葉ビル2階
診療科目 耳鼻咽喉科
電話番号 045-331-7218
連携病院
  • 横浜市立病院
  • 聖隷横浜病院
  • けいゆう病院